済生会飯塚嘉穂病院10周年

回復期病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは、在宅復帰を目指すための病棟です。脳卒中や大腿部の骨折、廃用症候群などの病気を発症した患者さんが入院され、整形外科・神経内科の医師やリハビリスタッフ等の支援により、集中的に訓練に取り組みます。(平成26年4月から開設となりました。)

回復期リハビリテーション病棟入院依頼書のダウンロード


リハビリについて

済生会飯塚嘉穂病院では、整形外科・神経内科の医師を中心として、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各セラピストによりリハビリを行っております。当院リハビリテーション室には、屋上リハビリ庭園が併設されており、療養に適した環境の中でリハビリができます。

回復期リハビリテーション

365日体制での積極的・集中的リハビリテーションを推進します。

在宅復帰支援・生活期リハビリテーション

外来リハビリテーション(脳血管疾患・運動器疾患・呼吸器疾患)を推進します。

緩和ケア病棟のリハビリテーション

患者さんやそのご家族の希望に応じたリハビリテーションを推進します。

回復期病棟の特徴

済生会飯塚嘉穂病院では、回復期リハビリテーション病床を44床設けています。うち11床が個室となっております。

リハビリ室

リハビリ室

リハビリ室

リハビリ室

4床室

4床室


ADL室

ADL室

屋上リハビリ庭園

屋上リハビリ庭園

回復期病棟庭園

回復期病棟庭園


カンファレンス

各職種(医師・看護師・医療相談員・管理栄養士・薬剤師・リハビリテーションスタッフ等)が話し合って、患者さん1人1人の目標を設定し、退院後の生活にも焦点を当てて、リハビリテーション計画を作成します。

患者さん1人1人へのケア

入院~退院の流れ

入院から退院までの流れ