看護部の教育体制

目的

  1. 病院の理念・看護部の方針に基づき、専門職業人として、より質の高い看護を提供できる
  2. 看護観を高め、さらに人間として自己実現を目指す

教育目標

  1. 日常の看護をとおして自己成長を遂げることが出来る看護の場を、自ら積極的に創り出していけるような能力の開発を行う
  2. 進展する医療に対応し、患者に密着した看護過程の展開能力を養うように援助する
  3. 看護の本質を追及し、看護の専門性を確立するための研究活動を充実させるように推進する
  4. 地域住民のあらゆる健康問題のニードに応えられるように知識、技術、態度を養うための教育的援助を行う

当院の目指す看護師像

  1. 人の生命および人権を尊重し、個々の権利・ニーズ等を看護師の倫理綱領に則り考えられる看護師
  2. 人の痛み、悲しみ、喜びを感じられ、相手の立場に立って物事を考えられる感性豊かな人間性をもった看護師
  3. 専門職業人として生涯自己学習や研究をとおして、自己啓発の姿勢を持つ看護師
  4. 患者・家族、患者を取り巻くすべてのことに目を向け、患者に支援できる看護師

新採用者教育

初めての職場、社会人1年生。とても不安で緊張することと思います。私たちは、そんなあなたが心身ともに看護師として成長できるように、みんなでバックアップしていきたいと思っています。

目標

  1. 基礎的看護援助ができる
  2. 看護上の問題を把握できる
  3. 看護技術を科学的に習得し実践できる
  4. 個々の患者の看護過程が展開できる
  5. 急変患者に対処できる
  6. チームの一員としての役割が出来る

基礎体制

  1. 当院では、新採用者に対して、経験に応じた教育体制を整えています
  2. 既卒者に対し、1名の実地指導者が1名の新採用者を担当し、指導する
  3. 状況により、実地指導者はプリセプターの役割を兼務する
  4. 実地指導者・プリセプターが受け持つ新採用者は、各部署の状況により判断する
  5. 新採用者教育は、看護職員全員で携わるという意識を持って指導教育にあたる

当院における新採用看護師の教育体制

臨床実践能力の構造 1.看護師として必要な基礎と態度 接遇
看護倫理
教育部オリエンテーション
 
2.技術的側面 生活援助技術・創傷管理技術 NSTオリエンテーション PEG管理
与薬の技術   与薬業務と内服管理
インスリンについて
救命救急処置・ME機器   輸液ポンプ・シリンジポンプ
心電図モニターの取り扱い
感染防止の技術
その他の技術
スタンダードプリコーション 手洗いと手指消毒
ディスポエプロンと手袋の使用
感染性廃棄物の取り扱い
3.管理的側面 安全管理・防災管理
コスト管理
業務管理
薬剤管理
医療安全オリエンテーション KYT研修
診療報酬制度
看護必要度
麻薬の取り扱い、輸血について
研修の振り返り・フォローアップ 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月フォローアップ

(新採用者研修年間計画より一部抜粋)

継続教育

当院ではクリニカルラダー制度を採用しています。

看護実践能力段階別評価指標

当院では、新人1年目の教育終了後も、引き続き実践能力の修得、スキルアップの為に支援する体制を取っています。

卒後2年目フォローアップ

支援体制

実施指導者による支援を引き続き行う

研修

新人研修では実践できなかった、人工呼吸器や胸腔ドレナージ等について、講義とデモンストレーションを通して、習得できるように支援。

その他の研修

年間を通して、看護記録やがんセミナー、感染、医療安全など、様々な研修を実施し、知識や技術が習得できるように支援。

中途採用者へも、経験や能力に合わせて、知識や技術の確認を行い、できるだけ不安が少なく、勤務できるような体制をとっています。
認定看護師などの資格取得にむけた支援も行っています。(現在緩和ケア認定看護師2名在席中)