済生会のシンボル「なでしこ」のように
優しく・思いやりのある看護師を目指して

看護部長より

 済生会飯塚嘉穂病院は、「地域医療・癒し・健康」を基本理念として、地域社会に密着した信頼される病院を目指しています。私たちは、病院理念の基、〝優しさと思いやりをもった看護実践〟を目指し、その方らしく過ごせる療養環境の提供や、退院後に生活の場で困らない看護援助を共に考えることを大切にし、日々の看護にあたっています。患者さんに満足していただける看護を提供するためには、看護職員一人一人が自律した看護実践を行うことが求められます。そのためには、専門職業人としての自覚を持ち、学ぶ姿勢を持ち続ける必要があります。看護師個々のキャリアアップを支援するために院内教育として、新人看護職員研修、年次別卒後教育、クリニカルラダーを取り入れた教育体制をとり、認定看護師や糖尿病療養指導士資格の取得への支援も行っています。平成27年度より導入した看護外来では、緩和ケア認定看護師や糖尿病療養指導士を主体として、フットケアや糖尿病療養指導、がんについての相談業務にも力を入れています。
 看護職員のみなさまが長く働くことができる職場環境を整えること、看護で患者さんに選んでいただける病院づくりを行いたいと考えています。

済生会飯塚嘉穂病院 看護部長 荒木 頼子

看護部理念

  1. 患者さんの人権尊重を基本に、優しさと思いやりをもった看護を実践します。
  2. 地域住民との連携を強め、看護活動を通して地域に貢献します。

看護部基本方針

  1. 患者さんに満足していただける看護を実践します
  2. 事故のない安全な看護を実践します
  3. 専門性を高め自律した看護職としてやりがいが感じられる看護を実践します
  4. 経済性を考えた看護を実践します
  5. 地域および医療者間の連携を密にした看護を実践します

研修施設

当院は、平成26年度より、久留米大学認定看護師教育センター緩和ケア課程の実習施設となっています。